コンサルティングサービス

化学物質管理の支援

欧州のREACH規則やRoHS指令あるいはアメリカのTSCAなど、グローバルな化学物質規制に対応するためには、サプライチェーンマネジメントによる適正な情報伝達と情報管理が欠かせません。また、従来の化学品(化学物質あるいはそれらの混合物)だけが管理の対象ではなく、部品などの成形品に含まれる可塑剤や難燃剤などの化学物質も各種規制の対象になるなど、化学物質管理の体制にも見直しが必要となっています。

環境情報科学センターでは、さまざまな事業スタイルや既存のシステムにあわせて、柔軟にご利用・導入していただける各種サービスをご提供し、化学物質管理を支援します。

化学物質等に関する各種調査、評価等

  • 物性や各種毒性情報などの有害性調査
  • リスク評価
  • リスクアセスメント
  • 環境及び化学物質関連の各種法規制調査
  • 製品のライフサイクルアセスメント
  • 各種分析測定等に関するご相談対応

SDS作成や製品含有化学物質の情報伝達支援

  • SDS作成代行(GHS分類を含む)
  • chemSHERPA(製品含有化学物質 情報伝達スキーム)等の作成代行

適正管理のためのシステム構築支援

  • 化学物質管理システムの構築支援
  • グリーン調達等の製品含有化学物質管理システムの構築支援
  • 環境マネジメントシステムの構築及び運用支援

連絡先

一般社団法人環境情報科学センター 調査研究室
TEL 03-3265-4000
E-mail 

ページのトップへ