機関誌『環境情報科学』最新号のご案内

環境情報科学45巻3号表紙 『環境情報科学』45巻3号
特集:地域資源としての里山-その価値の再生に向けて
2016年10月17日発行 B5版 112pp.
本体価格:3,000円(+税)

※バックナンバーの検索はこちらをご利用ください。

【特集の概要】

 かつて農山村の社会を支える重要な資源であった里山林野等の農山村の二次的自然は,戦後のエネルギー革命や農業の近代化によりその利用価値を喪失した。近年では少子高齢化や過疎化がもたらす地域社会の崩壊により,利用・管理の低下(アンダーユース)が加速化している。一方,国民にとっての身近な自然環境の価値が多様化し,一部の都市近郊林で過剰利用(オーバーユース)や利用の衝突が生じていることは前号(45巻2号)で取り上げた。このような里山林野のアンダーユースとオーバーユースの同時進行は,里山が利用される場所と利用されない場所に二極化しつつあることを示しており,地域の環境,産業,社会に大きな歪みを生じさせている。  そこで本号の特集(45巻3号)では,前号の特集に呼応する形で,里山林野等の農山村の二次的自然の二極化がもたらす変化と,それがもたらす問題,その解決方策について議論したい。とくに,里山林野のアンダーユースによる問題だけでなく,新たな利用により生じる新たな問題の発生に焦点を当てつつ,国土環境全体のバランスと持続性の再構築に向けた議論の契機としたい。

目次

特集:地域資源としての里山-その価値の再生に向けて

特集の編集にあたって

  • 里山の多様な利用価値の再生に向けて...1
  • 山本 勝利(農研機構)

里山環境の変化と歪み

  • わが国における生態系サービスの変化...5
  • 中静 透(東北大学大学院生命科学研究科)
  • 戦後における森林ランドスケープの変貌-北関東の国有林とその周辺地域を事例として...7
  • 宮本 麻子(森林総合研究所)
  • 里山における竹林の拡大とその影響...12
  • 鳥居 厚志(森林総合研究所)
  • 里山地域の観光開発における自然資本と社会資本のオーバーユースとアンダーユース
    -ゴルフ場を例として...18
  • 齊藤 修(国連大学サステイナビリティ高等研究所)
  • 再生可能エネルギーによる里山開発とその対策...23
  • 高橋 正光(富士宮市都市計画課)

里山の価値の再生に向けて

  • 放棄された農地・里山において森林の再生は可能か?..32
  • 徳山 良則(農業環境変動研究センター)
  • 里山広葉樹資源利用の課題について...38
  • 久保山裕史(森林総合研究所)
  • 畜産利用による里山再生の可能性と条件...44
  • 千田 雅之(西日本農業研究センター)
  • 里山里海と地方創生...49
  • 山下 良平(石川県立大学生物資源環境学部)
  • 里山を利活用する主体としての地域社会の変貌と新構築-中山間地域の事例より...54
  • 遠藤 和子(農研機構)

特集総括

  • 都市近郊林と里山-二つの特集を振り返って...60
  • 「環境情報科学」編集委員

投稿

  • 研究論文 ペットボトルの収集方式毎の焼却等を含む自治体処理量の推計-政令指定都市と中核市のごみ細組成調査結果から...65
  • 栗岡 理子(法政大学)
  • 研究論文 スリランカ・キャンディ市のごみ問題と廃棄物行政に対する住民意識の分析...73
  • 李 洸昊(早稲田大学)
  • 研究論文 森林施業規制と住民投票制度,林業税に関する研究-アメリカ・オレゴン州を事例として...79
  • 大塚 生美(森林総合研究所)

その他

  • 報告 第16回環境情報科学センター賞...85
  • 平成28年度定時総会決定事項のお知らせ...91

ページのトップへ