記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 27 (2013年) > 適応関連資金供与における異なるスキームの定性的比較分析

環境情報科学学術研究論文集27 (2013年)

[pp.243-246]

適応関連資金供与における異なるスキームの定性的比較分析

久保田 泉 ((独)国立環境研究所 社会環境システム研究センター)


要旨:
気候変動影響への適応策に関する国際制度設計において,途上国への資金供与問題が注目されている。本研究では,適応関連資金配分の優先順位づけをいかに行うかについての示唆を得るため,京都議定書下の適応基金と「気候変動影響への対応力強化のためのパイロット・プログラム」(PPCR)の運用状況を,対象国/プロジェクトの選定に着目して比較検討した。その結果,適応基金の被支援プロジェクトのホスト国は,脆弱国への支援が謳われているにもかかわらず,各種指標で脆弱国リストの上位に入っていない国が多いことがわかった。今後の適応関連資金メカニズムには,脆弱性に着目したPPCR類似の資金配分方法を確保することが重要である。


キーワード:
気候変動,適応策,脆弱性,資金メカニズム,適応基金,気候変動影響への対応力強化のためのパイロット・プログラム

PDFダウンロード(会員限定)