記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 25 (2011年) > 共同住宅におけるごみの不適正排出・分別改善に向けたアクションリサーチ-情報フィードバックやあいさつ活動の効果

環境情報科学学術研究論文集25 (2011年)

[pp.67-72]

共同住宅におけるごみの不適正排出・分別改善に向けたアクションリサーチ-情報フィードバックやあいさつ活動の効果

森 康浩,大沼 進 (北海道大学)


要旨:
地域コミュニティとの関わりが薄いとされる単身者向け共同住宅の居住者を対象に,ごみの不適正排出・分別改善に向けたアクションリサーチを行った。チラシや張り紙などの情報掲示のみ条件,それに加え,調査員によるあいさつ活動条件,排出マナーが改善されたという情報のフィードバック条件という3条件を用意し,疑似実験的にこれらが行動改善に与える効果について比較した。その結果,どの条件もアクション中は適正排出・分別行動が高まったが,アクション終了後,情報フィードバック条件以外では,不適正排出率がまた増加した。他の居住者も実行していると思えるアクションの重要性を考察した。


キーワード:
アクションリサーチ,環境配慮行動,行動観察,廃棄物政策,ごみ不適正分別・排出

PDFダウンロード(会員限定)