記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 23 (2009年) > 富士山におけるガイド同行登山の形態と登山者の満足に関する研究

環境情報科学学術研究論文集23 (2009年)

[pp.373-378]

富士山におけるガイド同行登山の形態と登山者の満足に関する研究

山本 清龍 (東京大学)


要旨:
山岳ガイドは道案内や自然解説などさまざまな役割を担っており,同行する登山者の体験に深く影響していると考えられる。本研究では,わが国の象徴であり,霊山として歴史的に先達が活躍した富士山を研究対象地とし,ガイドが同行する登山とそうでない登山の比較を行うことを企図した。具体的には,1)ガイド同行登山への参加者の属性の特徴を明らかにすること,2)満足度の観点からガイド同行登山の特性について明らかにすることの二点を目的とした。その結果,ガイド同行登山では女性や1 泊以上の登山日程の登山者が多く,登山方法の指導や助言が登山者の満足を高めていることが明らかとなった。


キーワード:
富士山,ガイド,登山者,属性,満足,期待