記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 熊谷市における都市域の形態や構造の変化に伴うヒートアイランドの変化

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.387-392]

熊谷市における都市域の形態や構造の変化に伴うヒートアイランドの変化

松本 太,福岡 義隆,後藤真太郎 (立正大学)


要旨:
ヒートアイランドの経年的な変化を研究することは都市気候の実態を把握し,将来の予測,対策をする上で重要な課題である。中小都市については数10年にわたる長い時間スケールでの経年的な変化の研究はあまりみられない。そこで本研究では,熊谷市において1956年に行われた研究と比較しつつ,現在のヒートアイランドの実態を考察した。その際,地理情報システム(GIS)を用いて土地利用データなどの空間的な解析を行った。その結果,熊谷市におけるヒートアイランドは市街地の形態や地表面の熱的性質と密接に関係しており,1956年との比較においても,それらの変化に対応するようにヒートアイランドも変化していることが考察された。


キーワード:
都市気候,ヒートアイランド,経年変化,都市化,地表面の熱的性質