記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 空中写真を用いた竹林の分布拡大速度の推定(II)-奈良県天香具山における事例

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.375-380]

空中写真を用いた竹林の分布拡大速度の推定(II)-奈良県天香具山における事例

鳥居 厚志 ((独)森林総合研究所)


要旨:
奈良県の天香具山を対象に,空中写真を用いて1979年から1985年にかけてのタケ群落の分布拡大を調べた。この地域には,ヒノキやスギの植林常緑広葉樹で構成される里山林に混じって,数十個の管理されていないタケ群落がモザイク状に分布している。まず,タケ群落数の変化と個々の群落の面積の変化を測定した。その結果,タケの群落数は減少して総面積は増加していた。次に,タケ群落の分布拡大速度を推定した。拡大の見られた29箇所の平均値は2.87m/年であった。この値は,既報の数値とほぼ同じであった。また,分布拡大速度と立地環境要因との関係を解析した結果,植生要因との明確な対応が見出され,タケ群落の周囲の植生が疎らなほど,分布拡大速度が大きいことが明らかになった。


キーワード:
竹林分布,里山林,モウソウチク,分布拡大速度,空中写真