記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 河道内構造物がもたらす植生の変遷

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.351-356]

河道内構造物がもたらす植生の変遷

布本 博,吉田 茂,瀧 和夫 (石川工業高等専門学校,長岡工業高等専門学校,千葉工業大学)


要旨:
わが国の河川は急流・天井川などの特性に加え,台風や梅雨前線の豪雨により,度々水害を引き起こしてきた。その一方,河道内構造物(ダム)による洪水流量のピークカット対策,さらには,利水としての安定的な供給もなされてきた。しかし,ダムなどの河道内構造物と生態系との関わり等の調査・検討は端緒に着いたばかりと考えられる。そこで,本研究では]977年からの航空写真をもとに,河道内構造物の樹林化についての基礎的特微を調査した。その結果,河道全体としては植生域が飛躍的に増大し,櫨生域・裸地域・水域の占有率が大きく変わる一方,河口近くの下流では頻繁にみずみちを変えることから,裸地域の割合の多いことが明らかとなった。


キーワード:
河道内構造物,植生,生態系,航空写真,植生遷移,洪水調節