記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 3次元都市空間における街区モデルのフラクタル性に関する研究

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.329-334]

3次元都市空間における街区モデルのフラクタル性に関する研究

黒岩 孝,宮本 和樹,大内 宏友,松原 三人 (日本大学)


要旨:
本論文では,3次元グラフィックスソフト(Discreet社3ds Max)により作成した3次元街区モデルのフラクタル性こついて検討を行う。具体的には,3次元街区モデルに対して上から光を照射したときに生じる影を用いて陰影画像を作成する。次に,そのフラクタル次元を求めることによって,都市空間の構造との関連性について検討する。結果として,街区内における建物の配置や高さ,あるいはその形状とフラクタル次元との間に強い関連性のあることを明確にする。また,本方法は都市空間の構造の解析,あるいは,その形態の分類等の分野へ応用できる可能性のあることも明らかにする。


キーワード:
フラクタル次元,フラクタルブラウン関数,陰影画像,都市空間