記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > AHP法による作事と普請に着目した城郭の景観評価-盛岡城天守閣の復元に対する検討

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.323-328]

AHP法による作事と普請に着目した城郭の景観評価-盛岡城天守閣の復元に対する検討

佐々木栄洋,安藤 昭,赤谷 隆一,石田 謙介 (岩手大学)


要旨:
城郭の景観評価に際しては,首尾一貢性のないデータを扱わなけれぱならない場合が多く,必ずしも客観的な評価が行われているとはいえない。また,天守閣の復元,堀・石垣の修復等,城郭の再利用にかかわる景観評価手法が現在のところ確立されているわけではない。そこで,本研究は,東北地方の近世城郭を対象に,AHP法を適用して城郭の景観評価の構造を明確にし,盛岡城天守閣復元後の城郭の景観評価を予測することを目的に行ったものである。その結果,作事と普請の重要度評価の割合を考慮した城郭の景観評価を予測することができた。


キーワード:
城郭の景観評価,作事,普請,AHP,盛岡城天守閣の復元