記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 歩行者から見た歩道植栽の景観イメージの評価

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.311-316]

歩行者から見た歩道植栽の景観イメージの評価

亀野 辰三,熊野 稔 (大分工業高等専門学校,徳山工業高等専門学校)


要旨:
本研究は住宅地における歩道幅員と樹高とのプロポーションを分析したものである。歩行者の視点から見て,所与の歩道幅員のとき景観上望ましい樹高を樹形別に明らかにするために,住宅地内街路の景観疑似画像を作成して心理実験を行い,被験者の評価構造に基づく望ましい樹高を求めてみた。因子分析の結果から,街路樹景観の評価は,「好ましさ」と「開放感」の2つの因子軸によって表され,ほぽこの2つの因子で総合評価が説明できること,また,歩道幅員に応じて,望ましい樹高は樹形によって異なること等が明らかになった。


キーワード:
街路樹,景観評価,評価構造,歩道幅員,樹高