記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > まちづくり方針の評価に与える役割体験学習の影響

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.287-292]

まちづくり方針の評価に与える役割体験学習の影響

熊澤 貴之,村松 陸雄,中村 芳樹 (東京工業大学,武蔵野女子大学)


要旨:
本研究では,教育学や心理学で有効性の高い役割体験学習がまちづくり方針の評価に与える影響を明らかにする。実験では,役割体験の後にまちづくり方針に関する集団討論を行った場合と,役割体験を行わずまちづくり方針に関する集団討論を行った場合を設定し,それぞれの前後において,まちづくり方針に対する評価を測定した。その結果,役割体験学習は人の評価に大きな影響を与えることが把握され,個人間での評価の分散を小さくすることが明らかになった。この知見から,役割体験学習は,相互理解や共有化を促進させ,人々の価値や立場から生じる対立を解消することが可能である。


キーワード:
ちづくり,役割体験学習,コミュニケーション,合意形成