記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 自然感をもたらす植生群-南アルプスの植生写真の提示結果

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.275-280]

自然感をもたらす植生群-南アルプスの植生写真の提示結果

青木 陽二,近田 文弘,古谷 勝則 ((独)国立環境研究所,国立科学博物館,千葉大学)


要旨:
植生自然度は人間か決めるものであり,人々かどのような植生を自然だと思うかは重要な視点である。ここでは南アルプスの多様な植生景観に対して,多様な気候風土や文化的背景に居住する人々が,どのような植生に自然を感じるかを調べた。その結果,高山植物群落や亜高山樹林などに人々は自然を感じていた。冷温帯および亜熱帯の人は,シラビソ,クマイザサ,ブナ・ナラおよびモモ畑(果樹園)のような植生には,自然らしさを感じることは少なかった。住民はイネ(畑),リンゴ(畑)に,登山者はガレ場,ハイマツ,ダケカンバ,ブナ・ナラ,シラビソに,訪れる頻度の高い人はシラカシやアヤメ,チャ(畑),カラマツに自然を感じていた。


キーワード:
植生自然度,被験者評価,気候による多様性