記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 中国の河川汚染と対策-淮河の水質汚染問題を中心に

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.263-268]

中国の河川汚染と対策-淮河の水質汚染問題を中心に

劉 啓明,中村耕二郎 (東京農工大学,茨城大学)


要旨:
中国には,主に長江,黄河,淮河,海河,遼河,松花江,珠江の7大水系があるが,広い範囲に渡り,深刻な水質汚染が見られる。中国政府が最初に取り組んだ流域単位の水質汚染処理の対象が淮河であった。本論文は中国の水系全体の汚染現状を概観した上で,淮河を中心に中国政府が行った対策の成果とその限界性の分析を試みたものである。中国政府は流域の水質汚染問題に対処するため,法体系を整備したものの,その実施において,政府の役割が突出しており,住民参加,企業の自己努力については十分にその機能が発揮されているとはいいがたい。


キーワード:
水系,水質汚染,環境対策,淮河,中国