記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 紀伊田辺における降水およびアカマツの樹幹流中の溶存化学成分

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.235-238]

紀伊田辺における降水およびアカマツの樹幹流中の溶存化学成分

苗村 晶彦,花光重一郎,中根 周歩 (東京農工大学,紀南農業協同組合,広島大学)


要旨:
和歌山県紀伊田辺における降水およびアカマツ(Pinus densiflora)の樹幹流中の溶存化学成分について調べた。降水の加重平均pHは山間部で4.52,沿岸部で4.59となり全国平均より若干酸性であった。降水のN/S比では山間部で0.29,沿岸部で0.17であり人為的なN03-の寄与は非常に小さかった。樹幹流では山間部でH+が多く酸性度が高いのに対し,沿岸部では塩基成分の中和によってH+の吸着が見られた。


キーワード:
降水,アカマツ,樹幹流,N/S比