記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 条例による樹木の保全に関する基礎的研究

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.211-216]

条例による樹木の保全に関する基礎的研究

島田 正文,小谷 幸司,増村 千英子,濱本 和敏 (日本大学,(株)UFJ総合研究所)


要旨:
本研究では,全国343の自治体を対象に,条例に基づく保存樹木等の指定件数,指定解除,助成措置等の現状や,運用上の問題点を把握し,今後の樹木保全のあり方を検討した。その結果,過去3年間で保存樹木1,092件,保存樹林465件が指定解除されており,その主たる要因は,枯死・倒木,維持管理の手間,相続税の負担,宅地開発であることが把握された。所有者への助成措置は,管理費相当の助成金が中心であり,固定資産税等の減免措置のある自治体は少なかった。以上より,基準を強化して指定件数の拡大を図るとともに,それらを適切に維持すべく,所有者への助成金や保存樹木等の買取り資金の確保,所有者および地域住民の保全意識の向上等の必要性が指摘された。


キーワード:
保存樹木,保存樹林,条例,助成措置