記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 茨城県日立市周辺を対象とした植生経年変化の解析-LANDSATデータを用いて

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.187-192]

茨城県日立市周辺を対象とした植生経年変化の解析-LANDSATデータを用いて

桑原 祐史,小柳 武和,志摩 邦雄 (茨城大学)


要旨:
日立市の山林は,市全域の約60(%)の面積を有している。山林は,石灰岩や,林業等の資源の生産の場として利用されるとともに,自然環境を活かした諸レクリエーション施設が点在している。しかし,本領域は山林火災が多く,平成3年に約218(ha),平成13年は約5(ha)が消失する火災が発生した。自然環境の保全と,防災の観点から山林の植生変化の概況を経時的にモニタリングしておくことが重要である。そこで,本研究では,衛星リモートセンシングデータから算出する植生指標値変動に着目し,日立市周辺山林における植生経年変動評価図を作成した。加えて,評価図に基づく現地調査を実施し,結果の妥当性を検証した。


キーワード:
衛星リモートセンシングデータ,植生変化,モニタリング,環境計測