記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > GISを用いた植生調査手法に関する検討-兵庫県氷ノ山地域における事例研究

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.171-176]

GISを用いた植生調査手法に関する検討-兵庫県氷ノ山地域における事例研究

長澤 良太,江田 敏幸,丸山 芳史 (鳥取大学,アジア航測(株))


要旨:
本研究では,植生図を作成することを目的として,正射投影変換されたディジタルオルソ空中写真画像(GISデータ)を利用する効用と限界について検討を行った。この手法では,写真判読手法によって得られる相観植生図を植生調査・解析の基図とし,このうえに現地調査から得られる植物群落などの情報を加味して現存植生図へと発展させる。その過程において,野外観察情報と判読情報とをGISを用いて統合化し,効果的,効率的な植生調査手法に関する方法論的な考察を行った。調査研究のモデル地域として,今回は兵庫・鳥取県境に位置する氷ノ山地域,約100平方kmの範囲を対象とした。


キーワード:
GIS,植生調査,ディジタルオルソ空中写真画像,相観判読,氷ノ山