記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 自然環境に配慮した山岳型観光地の開発における問題の構造化-中国の世界遺産黄山を対象として

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.127-132]

自然環境に配慮した山岳型観光地の開発における問題の構造化-中国の世界遺産黄山を対象として

周 永広,川本 義海,川上 洋司,本多 義明 (福井大学)


要旨:
本研究はまず,二つの世界遺産を持ち,中国のほかの都市と比べいち早く観光開発が進んだ黄山市(地区級都市,日本の県に相当)を研究対象としてとりあげ,黄山市の観光と黄山の観光管理の現況を把握する。つぎに,地元行政と観光関連企業に対し観光開発に関する意識調査ならびにインターネットによる黄山への国内観光客調査を総合することにより観光供給側と観光ニーズ側双方の問題点を把握する。最後に,デマテル調査に基づいた観光開発における問題の構造化を行なうことにより,中国の地区級都市レベルにおける自然環境に配慮した山岳型観光の階層的な問題構造と開発体制を見出すものである。


キーワード:
観光開発,山岳地域,デマテル調査,構造化,中国黄山市