記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 奄美大島における鳥類とアマミノクロウサギの生息数の変動傾向と環境変化について

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.121-126]

奄美大島における鳥類とアマミノクロウサギの生息数の変動傾向と環境変化について

杉村 乾 ((独)森林総合研究所)


要旨:
奄美大島において1985年から2002年にかけて鳥類とアマミノクロウサギの生息調査を行い,異なる時期の調査結果を比較して生息数の変動傾向を明らかにした。その結果,20種のうち14種が減少傾向にあることが確認された。生息数の地域的な差について統計的に解析したところ,ルリカケス,アカヒゲ,ズアカアオバト,ホオジロ属,アマミノクロウサギは侵入種マングースの増加が著しい地域でより大きな減少を示した。また,オオアカゲラ,コゲラ,サンコウチョウは,マングースが高密度になる以前の減少傾向が著しく,既往の解析結果や生態的特性をもとに考察すると,壮齢林面積の減少が寄与している可能性が高いと考えられた。


キーワード:
希少種,生息頻度,森林,マングース,壮齢林