記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 霧ヶ峰の二次草原における伝統的土地利用方法とその衰退に関する研究

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.115-120]

霧ヶ峰の二次草原における伝統的土地利用方法とその衰退に関する研究

栗原 雅博,中野 浩平,熊田 章子,古谷 勝則 (千葉大学,霧ヶ峰ネットワーク)


要旨:
全国で減少している二次草原の保全方法を模索するため,霧ヶ峰における二次草原の土地利用の変遷を把握した.方法は,既往文献調査を中心に進め,明治以降の5万分の1地形図をGISにより解析し,伝統的土地利用の定量的な把握を試みた。既往文献調査から,霧ヶ峰において伝統的土地利用のシステムが形成されたのは18世紀末であることが明らかになった。また,土地利用の転換は明治時代末期から始まった。また,二次草原の多面的な価値が注目され,第二次世界大戦後に観光開発されたことが明らかになった。GISの結果から,草原の面積は1911~1990年の間に46%に減少していることが明らかになった。


キーワード:
二次草原,採草,伝統的土地利用,霧ヶ峰,GIS