記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 霧ヶ峰高原におけるヒメジョオン類の生態と駆除について

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.109-114]

霧ヶ峰高原におけるヒメジョオン類の生態と駆除について

土田 勝義 (信州大学)


要旨:
長野県の霧ヶ峰高原は,昔から半自然草原が発達しているが,草原景観や,草花を嘆賞する観光地として親しまれている。しかし最近,亜高山帯にもかかわらず帰化植物の繁殖が目立ってきている。とくに北米原産のヒメジョオンやヘラバヒメジョオンが草原に一面に広がってきている。これらの帰化植物は,草原景観や,野生植物に大きな影響を与え,生物多様性の低下を招いている。そこでヒメジョオン類の生態を調査し,適正な駆除法を得るために,引き抜きや茎の剪定実験を行った。その結果,ヒメジョオン類の生活史や繁殖様式が明らかにされた。また実験により7月初旬に茎の根元の切断が,個体の駆除と種子生産の阻止に効果があることが分かった。


キーワード:
半自然草原,帰化植物,ヒメジョオン類,生態,駆除実験