記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 穀物の国内輸送における過分な物流に伴うエネルギー消費の推計-農産物供給のライフサイクル分析に関する基礎的検討

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.79-84]

穀物の国内輸送における過分な物流に伴うエネルギー消費の推計-農産物供給のライフサイクル分析に関する基礎的検討

陳 杰,小林 久 (東京農工大学,茨城大学)


要旨:
農産物供給のエネルギー効率の改善には輸送段階を含めた検討が必要であるという認識から,都道府県単位の穀物物流を対象に「実態」のエネルギー消費量を算定し,さらに物流量を最小化したとき(効率的配分時)のエネルギー消費を試算した.「効率的配分」の物流量試算による域間輸送トンキロ(1,556百万t-km/年)は,実態(3,679百万t-km/年)の42%であった.域間輸送における「実態」と「効率的配分」のエネルギー消費量は,それぞれ6.34PJ/年,3.10PJ/年と見積もられ,都道府県間の輸送を中心に過分な穀物物流が存在していると考えられた,この過分な穀物物流にともなうエネルギー消費は約3.24PJ/年と試算され,これは実態のエネルギー消費量の51%に及んだ.このような結果より,輸送の効率化がわが国の穀物供給における環境対策上の重要課題の一つであると考えられた.


キーワード:
穀物,ライフサイクル,最小化モデル,最適配分,環境効率