記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 建築生産プロセスにおける建設副産物の発生量と減量化対策

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.73-78]

建築生産プロセスにおける建設副産物の発生量と減量化対策

名知 洋子,宮崎 隆昌 (日本大学)


要旨:
建築生産の場では環境負荷低減のために建設副産物の削減を強く求められている.これまで,建設副産物発生量予測は過去の各々建築生産現場からの建設副産物発生総量をもとにしていたため,発生要因の分析や削減方法の策定まではできなかった.本研究では,各々の建築生産プロセスの建設副産物発生量を分析する事によって,建設廃棄物の減量対策を考盧した建設副産物発生予測と減量化対策を明らかにした.さらに,事例研究として事務所ビルを対象に分析・検討し,その結果から建築生産現場でその周辺環境に於ける環境負荷を決定する建設副産物発生量予測と,それに基づく減量化対策を提案した.


キーワード:
建築生産プロセス,建設副産物,4R活動,減量化,環境情報