記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 斜面市街地における交通手段導入へのGISの応用

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.31-36]

斜面市街地における交通手段導入へのGISの応用

後藤惠之輔,渡邉 浩平,立入 郁 (長崎大学)


要旨:
本研究では,著者らが開発した斜面市街地での新たな交通手段の導入に向けたルート選定手法を用いて,長崎市の4つの斜面市街地において,ルート選定を行った。本手法では,地域の異なる4つの属性データについて,重要度をAHP(階層化意思決定法)により算出し,この総合評価点より候補ルートを挙げ,その後,各ルートの評価点平均値と地域の高齢者割合の分布からルートの検討を行い,地域で建設が必要なルートの選定を行った。その結果,開発したルート選定手法を用いることで,地域の状況が異なる斜面市街地においても,ルート選定が行えることが分かり,本ルート選定手法の有用性を確認できた。


キーワード:
GIS(地理情報システム),斜面市街地,ルート選定,新たな交通手段,AHP(階層化意思決定法)