記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学学術研究論文集 > 16 (2002年) > 環境経営評価システム(エコステージ)の仕組みと効用について

環境情報科学学術研究論文集16 (2002年)

[pp.1-6]

環境経営評価システム(エコステージ)の仕組みと効用について

矢野 昌彦,盛岡 通 (大阪大学)


要旨:
環境問題への関心が高まる中で「環境に配慮した経営」が21世紀に生き残る企業のための選別基準の1つとなっている。環境経営の実現のためにISO14001など環境マネジメントシステムを導入し,省エネ,省資源や廃棄物削減など環境パフォーマンスの向上とコストの削減を実現している組織も多い。しかし,一方で形式的な対応のみで成果が乏しい企業も多いといわれている。筆者は「エコステージ研究会」の事務局として環境経営評価システム(エコステージ)の提案を行い,環境経営に関する研究活動を進めてきた。この評価システムのねらいは経営改善と競争力の向上を図ることで「組織の持続可能性」を高めることであり,事例研究を通じてシステムの効用について考察する。


キーワード:
環境経営,贋境側面,システム,パフォーマンス\n