環境情報科学センター賞

2016年(第16回)環境情報科学センター賞受賞者の決定について

第15回環境情報科学センター賞表彰式 写真4
(昨年度の表彰式の様子)

環境情報科学センター賞は、近年において環境情報科学に関する学問および技術の進歩発展に貢献した活動を対象に授与されるもので、「学術論文賞」「学術論文奨励賞」「計画・設計賞」「技術開発賞」「特別賞」の計5部門があります。受賞者は毎年環境情報科学センター賞選考委員会による審査・選考を経て、理事会において決定いたします。

本年(2016年)の受賞者は以下の通りです。

  • ◆学術論文賞:「成熟した住宅地の樹木群が形成する緑景観の地域共有価値の計測と地域管理の方策に関する一連の研究」
    (浦山益郎 氏:三重大学大学院工学研究科建築学専攻)
  • ◆学術論文奨励賞:「水辺開放のための行政・事業者・住民の連携体制構築に向けての一連の研究」(菅原 遼 氏:日本大学理工学部海洋建築工学科)
  • ◆特別賞:「信州大学グリーンMOT叢書全5巻の刊行事業」(信州大学グリーン MOT叢書執筆教員(執筆代表:樋口一清氏・北澤君義氏))

なお、2016年度の受賞者については、本年5月23日に開催される定時総会終了後に表彰式を行います。あわせて受賞者講演を行う予定ですので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

■2016年(第16回)環境情報科学センター賞表彰式および受賞者講演■

日 時: 平成28年5月23日(月)定時総会終了後  15:00〜16:00 を予定
場 所: 主婦会館プラザエフ
東京都千代田区六番町15番地 Tel. 03-3265-8111
<JR四ッ谷駅  麹町口前 徒歩1分/
東京メトロ南北線・丸ノ内線 四ッ谷駅 徒歩3分>
※会場までの地図は、こちらでご確認ください。
その他: 会員に限らずどなたでもご参加いただけます。

環境情報科学センター賞 に戻る