環境情報科学センター賞

第15回環境情報科学センター賞表彰式および受賞者講演の開催

環境情報科学センター賞は、近年において環境情報科学に関する学問および技術の進歩発展に貢献したと認められる学術論文、計画・設計、技術開発、事業、出版、国際貢献活動を対象に授与されるもので、「学術論文賞」「計画・設計賞」「技術開発賞」「学術論文奨励賞」「特別賞」の計5部門があります。第15回目を迎える本年は、下記の4件を受賞者として決定し、平成27年5月22日に東京四ツ谷の主婦会館にて表彰式および受賞者講演を行いました。

  • ◆学術論文賞:「CDMプロジェクト保有の決定要因分析」
    (笠井勝也 氏:名古屋市立大学大学院経済学研究科/現 独立行政法人国際協力機構ガーナ事務所)
  • ◆学術論文奨励賞:「都市・企業と農山村地域の協働による環境保全型社会システムの構築に関する一連の研究」(山下良平 氏:石川県立大学生物資源環境学部)
  • ◆学術論文奨励賞:「輸送事業者と荷主の燃料消費原単位を用いたCO2排出削減ポテンシャルに関する研究」(熊井 大 氏:(公財)交通エコロジー・モビリティ財団)
  • ◆技術開発賞:「抗菌・抗ウィルス性能を有する可視光応答型光触媒膜材の開発」(太陽工業株式会社 研究開発本部)

第15回環境情報科学センター賞表彰式 写真1 第15回環境情報科学センター賞表彰式 写真2

第15回環境情報科学センター賞表彰式 写真3 第15回環境情報科学センター賞表彰式会 写真4

過去の受賞者履歴

環境情報科学センター賞 に戻る