コンサルティングサービス

製品等の環境評価の支援

製品やサービスの環境負荷を把握し改善につなげることは、原材料や使用エネルギーの削減につながることから、近年、益々その需要が大きくなっています。また、その実践状況を外部に情報発信することで、社としての環境対応をアピールすることもできます。

製品やサービスの環境負荷の把握は、原料の調達から廃棄に至るライフサイクル全体で把握するいわゆるライフサイクルアセスメント(LCA)が手法として開発されていますが、その手順や用いるデータが複雑であったり入手が困難な場合もあり、未経験者には実施が難しい場合もあります。

そこで、環境情報科学センターでは、製品やサービスの特性を踏まえて、LCAをはじめとした適切な環境負荷評価手法を提案するとともに、その実践事例を作成することで、自社内で環境負荷評価が可能となるよう支援します。

支援の内容

  1. 各種環境負荷評価方法の紹介
    ISOに準拠したLCAだけでなく、より簡易的な評価方法など、各事業者の実情や製品・サービスの特性に応じた手法をご紹介します。
  2. 評価のためのデータ収集方法の紹介
    インベントリデータを収集する範囲の設定、自社データが収集できない場合の対処方法等についてご紹介します。
  3. 活用する原単位、データベース、専用ソフトとそれらの使い方の紹介
    インベントリデータに掛け合わせる原単位、製品評価に特化したソフトウェア等についてご紹介します。
  4. 数種類の製品やサービスで実践事例を作成
    事業者が希望する数製品について、実際に環境負荷評価を実施して、そのプロセスと結果をご提示します。
下向き矢印

※これらのプロセスを、次回以降、事業者独自で実施できるようアドバイスします。

プロセス図解

連絡先

一般社団法人環境情報科学センター 調査研究室
TEL 03-3265-4000
E-mail 

ページのトップへ