事務局からのお知らせ

環境情報科学センターは、このたび設立40周年を記念し、下記のシンポジウムを開催いたします。会員に限らず一般の方々の参加も歓迎いたします。参加費は無料です。ぜひ多くの皆様にご参加くださいますよう、ここにご案内申し上げます。

環境情報科学センター設立40周年記念シンポジウム「環境国家づくりへの挑戦」

平成23年10月31日(月)開催 (於 東京大学弥生講堂・一条ホール)

【開催趣旨】

(一社)環境情報科学センタ−が設立されてから40年が経過したが、今日、「循環型社会」,「低炭素型社会」,「自然共生社会」の3つの側面が統合された「持続型社会」の構築がまさに問われている時代となっている。

本センターでは、昨年度「近未来における環境都市の実現を目指して」と題するシンポジウムを開催し、国の政策や国内外の事例報告をもとに、目指すべき環境都市の姿像やその実現に向けての今後の取り組み等について議論した。

一方、本年3月に発生したマグニチュード9.0の大地震による「東日本大震災」は大津波や原発の放射能汚染により未曾有の大災害を引き起こした。また9月に発生した台風12号による和歌山、三重、奈良の3県にまたがる豪雨被害も甚大であり、人間社会が自然災害の脅威にさらされた時代となっている。

そこで、本センター設立40周年記念シンポジウムの開催にあたっては、「環境国家づくりへの挑戦」と題し、昨年度のシンポジウムの成果をもとに、また災害面も踏まえつつ、環境都市・地域の集合によって形成される環境国家の有り様やその実現にあたっての方向性を探るとともに、今後の方策や具体的取り組み等について議論するものとする。

すなわち、今回のシンポジウムでは、以下の基調講演・パネルディスカッションの構成で実施するものとする。まず基調講演では、東日本大震災を踏まえつつ、快適で安全・安心な持続型社会の構築方策やその社会を形成する地方自治体、企業、市民三者の果たすべき役割等について講演を戴く。またパネルディスカッションでは、基調講演をもとに、環境国家づくりに向けての課題ならびに快適で安全・安心性が備わった環境国家づくりへの今後の展開方法や具体的取り組み、さらには環境情報科学の目指すべき方向性等について議論するものとする。

日 時:
平成23年10月31日(月)10:30〜17:00(受付開始 10:00)
会 場: 東京大学弥生講堂・一条ホール
 〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1
 会場地図→http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/map.html(東京大学のホームページへ)
参加費: 無料
プログラム:
  • 司会:村岡政子(本センタ−理事/(株)ライフ計画事務所取締役)
  • 開会挨拶:丸田頼一(CEIS理事長/千葉大学名誉教授)
  • 基調講演(第一部)10:50〜12:00 ※講演タイトルは予定 
  • @不安定時代における持続型社会の構築とは 10:50〜11:25
    講演者:糸長浩司(日本大学生物資源科学部教授)
    A地方自治体による戦略 11:30〜12:05
    講演者:池邊このみ(千葉大学大学院園芸学研究科教授)
  • 基調講演(第二部)13:00〜14:55 ※講演タイトルは予定 
  • B企業の役割 13:00〜13:35
    講演者:伊藤泰志(富士通エフ・アイ・ピー(株))
    C市民活動の新たな展開 13:40〜14:15
    講演者:崎田裕子(ジャーナリスト・環境カウンセラー)
    D市民による実践 14:20〜14:55
    講演者:鈴木輝隆(江戸川大学社会学部教授)
  • パネルディスカッション 15:10〜16:50
  • パネリスト:基調講演者(糸長浩司、池邊このみ、伊藤泰志、鈴木輝隆)
      舟引敏明:国土交通省都市局 公園緑地・景観課長
      塚本瑞天:環境省自然環境局自然環境計画課長
    コーディネータ:畔柳昭雄(CEIS学術委員会委員・日本大学理工学部教授)
     小谷幸司:CEIS編集委員会委員/三菱UFJ リサーチ&コンサルティング(株)主任研究員)
  • 閉会挨拶:河野英一(CEIS常務理事/学術委員会委員長・日本大学生物資源科学部教授)
  • 定 員: 200名
    ポスター: 本シンポジウムのポスターはこちらより印刷してご利用ください。
    問合せ・
    申込先:
    (一社)環境情報科学センター 事業推進室
    〒102-0081 東京都千代田区四番町8-19 番町ポンピアンビル
    Tel.03-3265-3916 Fax.03-3265-3955
    E-mail. info@ceis.or.jp (@は半角に直してください)

    ページのトップへ

    事務局からのお知らせ に戻る