記事・論文検索

リセット
  • この検索システムでは、「環境情報科学」「環境情報科学 学術研究論文集」「Journal of Environmental Information Science」の3誌に掲載された論文の抄録(著者名・タイトル・要旨・キーワード)を検索できます。
    (「環境情報科学」は著者名・タイトルのみ)
  • 空白区切りで、複数語による検索ができます。
  • バックナンバーの購入をご希望の方は、ページ下部の事務局までお問い合わせください。
ホーム > 環境情報科学 > 25巻 (1996年)

環境情報科学25巻 (1996年)

1号 特集 環境の四半世紀―地球環境

【地球環境研究_WCRP】GEWEX-GAME-アジアモンスーン エネルギー・水循環研究観測計画 [pp.101]

安成哲三 (筑波大学地球科学系)

【地球環境研究_WCRP】WOCE-世界海洋循環実験 [pp.99]

杉ノ原伸夫 (東京大学気候システム研究センター)

【地球環境研究_WCRP】TOGA-熱帯海洋全球大気研究計画 [pp.98]

住 明正 (東京大学気候システム研究センター)

【地球環境研究_WCRP】日本におけるWCRP [pp.97]

松野太郎 (北海道大学大学院地球環境科学研究科)

【地球環境研究_HDP】EMA-環境管理・監査の研究 [pp.93]

福岡克也 (立正大学経済学部)

【地球環境研究_HDP】HDP-GIS-地理情報システムによるHDPの推進 [pp.91]

西川 治 (立正大学文学部)

【地球環境研究_HDP】DEPS-開発と環境問題研究 [pp.90]

田中啓一 (日本大学経済学部)

【地球環境研究_HDP】地球環境問題の「人間的次元」とは何であったか-HDPの課題と展望 [pp.86-89]

藤井 隆 (名古屋大学名誉教授)

【地球環境研究_IGBP】LUCC-土地利用・被覆変化 [pp.82]

北村貞太郎 (京都大学農学部)

【地球環境研究_IGBP】PAGES-古全球変化 [pp.81]

松本英二 (名古屋大学大気水圏科学研究所)

【地球環境研究_IGBP】IGBP-DIS-データ及び情報システム [pp.80]

土屋 清 (帝京大学理工学部)

【地球環境研究_IGBP】GAIM-大気圏・水圏・陸圏と生物圏の相互作用を考慮したモデリング [pp.79]

及川武久 (筑波大学生物科学系)

【地球環境研究_IGBP】BAHC-水循環の生物的側面 [pp.78]

榧根 勇 (筑波大学地球科学系)

【地球環境研究_IGBP】GCTE-地球変化と陸域生態系 [pp.77]

広瀬忠樹 (東北大学大学院理学研究科)

【地球環境研究_IGBP】LOICZ-海岸・沿岸域における陸域海域の相互作用 [pp.76]

米倉伸之 (東京大学大学院理学系研究科)

NGOの活動と地球環境問題-「マングローブ植林行動計画」のベトナム・プロジェクトを事例として [pp.36-39]

向後元彦 (マングローブ植林行動計画代表)

【地球環境はいま】地球温暖化研究の過去と現在 [pp.40-41]

松野太郎 (北海道大学大学院地球環境科学研究科)

【地球環境はいま】オゾン層の破壊 [pp.42-44]

富永 健 (東京大学大学院理学系研究科)

【地球環境研究_日本学術会議における地球環境研究の概要】日本学術会議の地球環境研究へのかかわり-第14期・第15期の地球環境関連特別委員会の活動 [pp.57-59]

吉野正敏 (愛知大学文学部)

【地球環境研究_日本学術会議における地球環境研究の概要】第16期の地球環境と人間活動特別委員会の活動状況 [pp.60]

平田 煕 (東京農工大学農学部)

【地球環境研究_日本学術会議における地球環境研究の概要】地球環境に関する研究体制 [pp.61-63]

北村貞太郎 (京都大学農学部)

【地球環境はいま】酸性雨_これまでとこれから [pp.45-46]

原 宏 (国立公衆衛生院)

2号 環境の四半世紀―環境のデザイン―

巻頭言 環境のデザイン [p.1]

丸田 頼一 (千葉大学)

「環境デザイン」の役割と展望 [pp.2-6]

鳴海邦碩 (大阪大学工学部)

環境デザインと建築 [pp.7-14]

竹山 実 (建築家)

都市間高速道路の環境デザイン [pp.15-19]

篠原 修 (東京大学工学部)

ランドスケープ分野における環境デザイン [pp.20-24]

藤内誠一 ((株)森緑地設計事務所)

都市地域における「環境のデザイン」―第三の自然から― [pp.25-29]

吉村元男 ((株)環境事業計画研究所)

農村地域の環境のデザイン [pp.30-35]

糸長浩司 (日本大学生物資源科学部)

住民参加型ワークショップによる総合的・体系的計画づくりへの試み―「まちづくり人生ゲーム」の提案と検証― [pp.36-42]

岡村竹史,後藤 春彦 (早稲田大学大学院理工学研究科,早稲田大学理工学部)

環境のデザイン教育 [pp.43-50]

佐々木葉二,田中弘靖 (鳳コンサルタント(株),大成建設(株))

コーヒーブレイク 社会を見る目のリトマス紙 [pp.51]

飯田 哲也 (東京大学)

連載 環境思想家の素描 第10回 志賀重昂―今日に生きる先見の明― [pp.52-53]

宇井 邦夫

ワークスポット in 東村山 土とふれあい,人とふれあう農とみどりの体験パーク「秋津ちろりん村」 [pp.54-59]

東村 浩二 (東村山市)

フォーラム「市民まちづくり地図」作成の提唱―横浜金澤地図博覧会から [pp.60-62]

村橋 克彦 (横浜市立大学)

紹介 米国におけるナチュラルシステムの現状―サンパスカル水生生物処理施設にみるホテイアオイを用いた下水処理― [pp.63-68]

中登 史紀,沢野 伸浩 (中技術士事務所,星陵女子短期大学)

調査報告 奥日光地域における気象・季節条件の変化が駐車場利用に及ぼす影響の分析 [pp.69-72]

青木 陽二,藤沼 康実 (国立環境研究所)

3号 特集 環境の四半世紀―社会経済システムの変化―

巻頭言 リニア型工業から循環型工業へ [p.1]

林雄二郎 (日本財団)

わが国の社会変化と環境問題 [pp.2-7]

内藤正明 (京都大学工学部)

労働と自然 [pp.8-12]

内山 節 (哲学者)

21世紀へ向けての3×3マトリックス [pp.13-17]

加藤三郎 (環境・文明研究所)

環境保全と費用負担 [pp.18-22]

植田和弘 (京都大学経済学部)

各国の環境政策の動向と環境ガバナンス [pp.23-30]

宇都宮深志 (東海大学政治経済学部)

環境報道について [pp.31-36]

岡島成行 (読売新聞)

資料 社会経済の変化と環境問題 [pp.37-47]

連載 環境思想家の素描 第11回 徳富蘆花の自然文学と自然観 [pp.48-49]

阿部 軍治 (筑波大学)

フォーラム 環境教育のあり方を考える―理性で行動するのがヒトか?― [pp.50-53]

佐藤 修 (水研クリエイト(株))

コーヒーブレイク オプションと環境政策 [pp.54]

鎌苅 宏司 (大阪学院大学)

報告 国連ハビタットII 人間居住環境整備に関わる地球化時代の理論と現実 [pp.55-60]

永田 尚久 (総合研究開発機構)

省エネルギーおよびCO2排出量削減の視点からみたアクリルアミドの製造法の評価―バイオ合成法および化学合成法の比較― [pp.61-66]

阪元 勇輝,廣渡 紀之,柳沢 幸雄 (地球環境産業技術研究機構)

4号 特集 環境の四半世紀―環境アセスメントの展開―

巻頭言 環境アセスメントの社会的費用の評価は? [p.1]

橋本道夫 (元 厚生省公害課長)

米国国家環境政策法と環境アセスメント [pp.2-6]

山村悦夫 (北海道大学大学院地球環境科学研究科)

経済先進国における環境アセスメントの現状 [pp.7-11]

大塚 直 (学習院大学法学部)

発展途上国の環境アセスメント制度とその課題 [pp.12-17]

作本直行 (アジア経済研究所)

わが国の環境アセスメント制度の歴史 [pp.18-23]

川名英之 (環境ジャーナリスト)

わが国の環境アセスメントの課題 [pp.24-28]

島津康男 (東邦学園短期大学)

神奈川県における環境アセスメント制度の見直し [pp.29-33]

片桐佳典 (神奈川県環境部)

環境アセスメントの今後のあり方 [pp.34-40]

原科幸彦 (東京工業大学工学部)

資料1. 環境アセスメントの四半世紀 [pp.41-51]

資料2. 地方公共団体における環境アセスメント制度の概要 [pp.52-55]

連載 環境思想家の素描 第12回 国木田独歩―自然環境と街社会の調和をめざす― [pp.56-57]

森 英一 (金沢大学)

フォーラム 環境再生産のデザイン [pp.58-59]

中瀬 勲 (姫路工業大学)

ワークショップの現場から -ライフスタイルを見直すワークショップ [pp.60-62]

村上 治 (環境情報科学センター)

コーヒーブレイク 千葉県で始まった教育の森制度 [pp.63]

遠藤良太 (千葉県林業試験場)

研究報告 CO2排出量削減とエネルギーの視点からみたアクリロニトリルの製造法の評価 [pp.64-68]

廣渡紀之,阪元勇輝,柳沢幸雄 (地球環境産業技術研究機構)

研究報告 長崎県における光化学オキシダントの現状と今後の課題 [pp.69-74]

柴田 和信 (長崎県衛生公害研究所)

1号 特集 環境の四半世紀―地球環境

【地球環境研究_WCRP】GEWEX-CLIVAR-全球エネルギー・水循環研究計画と気候システム変動予測研究計画 [pp.100]

住 明正 (東京大学気候システム研究センター)

【地球環境研究_WCRP】WCRPの国際動向 [pp.94-96]

住 明正 (東京大学気候システム研究センター)

【地球環境研究_HDP】ED-エコロジーとデベロプメント [pp.92]

樹下 明 ((株)技術綜建)

【地球環境研究_HDP】HDPの国際動向 [pp.83-85]

西岡秀三 (国立環境研究所地球環境研究センター)

【地球環境はいま】熱帯林の消失と劣化はいつまで続くか [pp.47-48]

熊崎 実 (筑波大学農林学系)

【地球環境はいま】砂漠化_新たな対応への期待 [pp.49-51]

門村 浩 (東京都立大学名誉教授)

【地球環境はいま】生物多様性のもつ意味 [pp.52-53]

安野正之 (国立環境研究所)

【地球環境はいま】海洋汚染 [pp.54-56]

宮崎信之 (東京大学海洋研究所付属大槌臨海研究センター)

【地球環境研究】文部省学術審議会建議「地球環境科学の推進について」 [pp.64-65]

平川幸子 (文部省)

【地球環境研究】地球環境研究遂行の見取り図 [pp.66-69]

西岡秀三 (国立環境研究所地球環境研究センター)

【地球環境研究_IGBP】IGBPの国際的動向 [pp.70-71]

角皆静男 (北海道大学大学院地球環境科学研究科)

【地球環境研究_IGBP】日本におけるIGBP研究の概要 [pp.72-73]

榧根 勇 (筑波大学地球科学系)

【地球環境研究_IGBP】IGAC-地球大気化学国際共同研究計画 [pp.74]

秋元 肇 (東京大学先端科学技術センター)

【地球環境研究_IGBP】JGOFS-国際共同海洋フラックス研究計画 [pp.75]

半田暢彦 (名古屋大学大気水圏科学環境研究所)

巻頭言 核の時代から環境の時代へ [p.1]

袴田共之 (農業環境技術研究所)

環境の四半世紀 [pp.2-6]

橋本道夫 ((社)海外環境協力センター)

わが国の環境政策 [pp.7-9]

森島昭夫 (名古屋大学法学部)

地球環境問題-地球科学と国際政治との融合 [pp.10-13]

米本昌平 ((株)三菱化学生命科学研究所)

気候変動に関する政府間パネルの今後と活動 [pp.14-18]

西岡秀三 (国立環境研究所地球環境研究センター)

国連気候変動枠組条約の制定経緯と取り組みの現状 [pp.19-23]

松村 隆 (世界銀行)

地球環境問題の意識の変遷 [pp.24-31]

石 弘之 (国際協力事業団)

南北問題からみた地球環境-グローバル化における環境と貧困 [pp.32-35]

勝俣 誠 (明治学院大学国際学部)

【地球環境研究_WCRP】ACSYS-北極域気候システム研究計画 [pp.102]

山内 恭 (国立極地研究所北極圏環境研究センター)

【地球環境研究_WCRP】SPARC-成層圏気候影響研究計画 [pp.103]

田中 浩 (名古屋大学大気水圏科学研究所)

【地球環境研究_WCRP】START-解析・研究・研修システム [pp.104]

樋口敬二 (中部大学国際関係学部)

【地球環境研究_WCRP】GCOS-全地球気候観測システム [pp.105]

松野太郎 (北海道大学大学院地球環境科学研究科)