第136回環境サロン <見学会>

<見学会>「日本農業遺産に認定されるまでの三芳町の歩み」」

  ■開催日時:2017年5月22日(月) 13:30~ 16:15 (受付13:15~)
  ■集合場所:東武鉄道東上本線みずほ台駅 西口 13:30(時間厳守)

・ ・ ・ ・ ・

三富新田

・ ・ ・ ・ ・

三芳町は埼玉県の南部にある人口約3万8千人の町になります。都心までは約30分の位置です。三芳町を含む武蔵野地域では、江戸時代から代々継承される落ち葉堆肥農法を実施しており、「三富(さんとめ)新田」では、この「武蔵野の落ち葉堆肥農法」が特に盛んです。三富新田の特徴は、幅6間(約10.9m)の道の両側に農家が並び、その1軒の農家ごとに畑、雑木林の面積が均等になるように短冊型に並んでいるという地割です(写真)。今年3月、武蔵野の落ち葉堆肥農法は日本農業遺産に選ばれました。日本農業遺産とは、社会や環境に適応しながら何世代にもわたり形づくられてきた伝統的な農林水産業と、それに関わって育まれた文化、ランドスケープ、生物多様性などが一体となった農林水産業システムのうち、世界及び日本における重要性、並びに歴史的及び現代的重要性を有するものを農林水産大臣が認定する仕組です。武蔵野地域のような大都市近郊が認定されることは非常に珍しいです。

今回は、武蔵野の落ち葉堆肥農法が日本農業遺産に認定されるまでの歩みを三芳町職員から話を伺います。また、実際、三富新田への現地視察もあります。

詳細は、こちら(三芳町HP) を参照してください。

参加費: ・会 員 2,500円(準会員 2,000円)
・非会員 3,500円(学生  2,500円)
定 員: 22名(先着順)
申込先: 参加を希望される方は,参加申込書(Wordファイル)に沿って必要事項を明記の上,下記宛てお申し込み下さい。
(一社)環境情報科学センター 環境サロン係
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-2-7  いちご九段三丁目ビル
Tel.03-3265-3916 Fax.03-3234-5407
E-mail:member-jimukyoku@ceis.or.jp (@は半角に直してください)

ページのトップへ