環境サロン(講演会・見学会)など

環境サロンのご案内

第122回環境サロン

「気候変動と適応の最前線〜気象災害の激化に社会はどう対応すべきか?」

■講師:岩谷 忠幸氏<NPO法人気象キャスターネットワーク 副代表 兼 事務局長>
■日時:2014年4月25日(金)18:30〜20:30(受付:18:00〜)

地球温暖化の対策は、これまで原因となる温室効果ガスの排出を削減する「緩和策」を中心に進められてきました。しかし、世界が早急に緩和策への取り組みを行ったとしても、今後数十年間は、ある程度の地球温暖化の影響は避けることができないと考えられます。また、既に地球温暖化の影響ではないかと考えられる事象が世界各地で、また私達の身近なところでも生じています。こうした既に起こりつつある、あるいは今後起こりうる地球温暖化の影響に対しては、自然や社会のあり方を調整する「適応策」が求められます。今年3月には横浜で、地球温暖化による影響と適応策を評価するIPCC第2作業部会会合が開催され、その報告書が公表されるなど、日本においても「緩和策」だけでなく、「適応策」に関する議論が今後は不可欠になると考えられます。

そこで今回の環境サロンでは、元日本テレビの気象キャスターで、現在は気象キャスターネットワークの事務局長でもある気象予報士の岩谷忠幸氏を講師にお迎えし、長年の気象予報士としてのご経験から気象災害の激化など気候変動による影響について、また気象災害を未然に防ぐ減災のための活動や環境教育を通じた市民への啓発活動についてお話しいただきます。気象情報の現場からの報告をもとに、今後、必要となる適応策は何か、またその課題がどこになるのかを参加者の皆さんと一緒に考えたいと思います。

【講師プロフィール】
岩谷 忠幸(いわや ただゆき):フジテレビや日本テレビの気象キャスターとして長くご活躍され、現在は、全国の気象キャスターや気象予報士が集まるNPO法人気象キャスターネットワークの副代表(事務局長)として、地球環境問題の解決や気象災害の軽減を目指した小学校での環境教育や気象教育、環境イベントなどの啓発活動を進めている。気象予報士。

日 時: 2014年4月25日(金)18:30〜20:30(受付18:00〜)
会 場: (一社)環境情報科学センター 会議室
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-2-7  いちご九段三丁目ビル 2階
Tel.03-3265-3916
地図→http://www.ceis.or.jp/ceisaccess.html
参加費: 環境情報科学センター会員 1,000円 / 学生会員 500円 
一般(非会員) 2,000円 / 学生(非会員) 1,000円
定 員: 30名(先着順)
申込み: 参加を希望される方は,参加申込書(Wordファイル)に沿って必要事項を明記の上,下記宛てお申し込み下さい。
(一社)環境情報科学センター 環境サロン係
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-2-7  いちご九段三丁目ビル
Tel.03-3265-3916 Fax.03-3265-3955
E-mail:info@ceis.or.jp (@は半角に直してください)

ページのトップへ