環境情報科学センター賞

第13回環境情報科学センター賞表彰式および受賞者講演の開催

環境情報科学センター賞は、近年において環境情報科学に関する学問および技術の進歩発展に貢献したと認められる学術論文、計画・設計、技術開発、事業、出版、国際貢献活動を対象に授与されるもので、「学術論文賞」「計画・設計賞」「技術開発賞」「学術論文奨励賞」「特別賞」の計5部門があります。第13回目を迎える本年は、下記の5件を受賞者として決定し、平成25年5月23日に東京四ツ谷の主婦会館にて表彰式および受賞者講演を行いました。

  • ◆学術論文賞:「農地土壌劣化の予測とその改善に関する一連の研究」
    (ロイ キンシュック 氏:日本大学生物資源科学部国際地域開発学科)
  • ◆学術論文賞:「森林浴の心理的ストレス低減効果における個人差の解明とその応用に関する研究」(山範理 氏:(独)森林総合研究所)
  • ◆学術論文奨励賞:「竹炭埋設による軽量薄層緑化システムの開発とその温度,熱流抑制と節電の効果」(皮玲 氏:広島大学大学院生物圏科学研究科/現テラル(株)技術開発部))
  • ◆学術論文奨励賞:「日独の環境配慮行動の規定因に関する環境社会心理学的研究」
    (安藤香織 氏:奈良女子大学研究院生活環境科学系)
  • ◆特別賞:「尼崎21 世紀の森づくり協議会の活動」
    (尼崎21世紀の森づくり協議会<会長盛岡通氏>)

第13回環境情報科学センター賞表彰式 写真1 第13回環境情報科学センター賞表彰式 写真2

第13回環境情報科学センター賞表彰式 写真3 第13回環境情報科学センター賞表彰式会 写真4

過去の受賞者履歴

ページのトップへ

環境情報科学センター賞 に戻る